【圧倒的感謝】セルフGOXしたお金が戻ってきた話(BINANCE限定)

先日、セルフGOXしたお金を取り戻すことができました。今回はどのようにしてお金を取り戻したのかを紹介したいと思います…

目次

はじめに

みなさん、セルフGOXという言葉をご存知でしょうか。セルフGOXとは、以下の通り、自分の不注意で仮想通貨を無くしてしまうことを意味します。

セルフGOX
俗に、自分の不注意により、所持する仮想通貨を紛失または引き出せなくしてしまうこと。平成26年(2014)に大量のビットコインを消失したマウントゴックスになぞらえた造語。(コトバンクより引用)

私自身、10月の初め頃に1度セルフGOXを経験していました。

そしてこのセルフGOXしたお金を先日取り戻すことができました。今回はどのようにしてお金を取り戻したのかを紹介したいと思います。

実際のお金の取り戻し方

まず、私がどうしてセルフGOXをしたのかを簡単に紹介しておきますと、誤ってPolygonチェーンからBINANCEにUSDCを送金してしまいました。なぜUSDCを送れると勘違いしてしまったかと言いますと、BINANCEとMetaMaskの仕様の違いを正しく認識していなかったためです

BINANCEでは、仮想通貨の種類ごとに送金先アドレスを登録できるのですが、MetaMaskも同じ仕様だと勘違いしてしまいました。そのため、MetaMask(Polygon)からUSDCを送金するときに、以前MATICを送るときに利用したBINANCEのアドレスが表示され、「過去にもUSDCを送ったことがあるのか」と勘違いして送金してしまいました。

セルフGOXは自分の知識不足が原因だったと反省し、その後2ヶ月近く放置していたのですが、ふとBINACEの入金用ウォレットに、誤送金したUSDCが表示されていることに気が付きました。当然ですが、そのウォレットにMATICは入金できるということは、そのウォレットはBINANCEが管理している訳で、入金したUSDCが消えてなくなるはずがないですよね。それで、ふとBINANCEに依頼したらお金を取り出してくれるのではないかと思い至りました。

そこでBINANCEのサイトを見てみると、一番下に「サポートセンター」の文字が!

そちらをクリックすると以下のページに移りました。下の段に「入金非クレジット資産の回収」「入金不足または、間違ったタグ/メモ資産の回収」との記載があります。

最初は「入金不足または、間違ったタグ/メモ資産の回収」の方が正しいと思っていましたが、どうやらこちらはタグ・メモが間違った状態で入金した場合に特化しているようで、今回の事例は対象外でした。

今回の事例では、「入金非クレジット資産の回収」が正しい選択肢でした。そちらを選択すると、以下の「セルフサービスリカバリーのためのアプリケーション」というページに移ります。なお、セルフサービスリカバリーをリクエストすることができるのは、自身のバイナンスアカウントに入金された仮想通貨のみとなります。正しく、今回の私の事例ですね。

こちらで必要事項を入力の上、11月24日に申請をしたところ、なんと12月3日にお金がBINANCEのウォレットに入金されました。10日足らずで対応してくれて、とてもありがたかったです。また、手数料を取られると説明を受けていたのですが、私の場合は手数料が取られず、誤送金した全額が手元に戻ってきました

ちなみに申請情報については後から確認することができます。(なお11月24日に申請した申請が却下され、自動的に新しい申請(以下の画像)が行われていたため、申請日が26日付けになっています)

以上が実際に取り戻す時に行った内容になります。正直、まずお金は戻ってこないだろうと思っていたので、とてもありがたかったです。

また、今回BINANCEのサイトを見ていて、問い合わせフォームが見当たらないということに気が付きました。詳しく探してみたところ、パソコンからは見つけることができませんでしたが、スマホからだと以下の手順でチャット形式で質問を行えることが分かりました。こちらでは日本語の質問にも対応してくれていますので、もし困ったことがあればこちらから質問をしてみるのも一つの手だと思います。

考えてみるとバイナンスほど多くのユーザーに利用されているサービスだと、メールや電話で問合せを受け付けたらパンクしてしまいますよね。そうしたこともあって、なるべくマンパワーがかからないようにしているのだと思います。

なお、現在BINANCEではPolygonネットワークからのUSDCの入金に対応しています。そのため、この記事を読まれているみなさんは、同じような事態には陥りませんのでご安心ください。ただ、Polygonチェーンからの入金はしばしば停止することがありますので、送りたい仮想通貨が送金できるかをBINANCEのサイトで確認するようにしましょう

おわりに

以上で今回の記事は終わりになります。今回は運が良かったですが、取り戻せないことの方が多いと思いますので、みなさま、十分にセルフGOXしないように気をつけましょう。

なお、セルフGOXした時に、ヒヨコロさんにヒヤリハットの事例の1つとして記事に取り上げていただいていました。とても分かりやすい記事になっていますのでぜひ読んでみてください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。